TOPページ
CQ コミュニケーション指数 HCST 職業適性心理テスト JCST 教育マッチング心理テスト SCST ショップ適性心理テスト

■ CQ (Communication Quotient)とは

コミュニケーション今、世間ではコミュニケーション能力とかコミュニケーションスキルなどが大変注目されています。
社員の採用時に必要な能力の一つとしてあげる企業も多くなり、また厚生労働省「若年者就職基礎能力支援事業『YES-プログラム』においてもコミュニケーション能力は重要な位置を占めています。

しかし、現在注目をあびているものはほとんどが「社会的なコミュニケーションスキル(技術・熟練)」=「キャリアや能力」のことであり、本来その個人が持っている性格(発想)ではありません。
キャリアや能力はあくまでも、本来の性格(発想)を基盤にそれを増幅または補完するためのスキル(技術)にすぎません。

「してはいるけれど、好きではない」「言わないけれど、心の中では思っている」など、行動と本来の性格(発想)は別のものです。

CQは、その人のもつ表面的なコミュニケーションスキル(技術)ではなく、本来の性格(発想)のもつコミュニケーション能力(スペック)がどれだけあるか指数化するために開発された心理テストです。


■ CQを構成する12要素

CQ(コミュニケーション指数)の12の構成要素は、全て0〜40点であらわされたグラフとして表現されます。

充実性
Satisfaction

いま自分の人生に対して充実感を持っているかどうかをみる

会話性
Conversation

普段の何気ない会話をする意欲(好き・嫌い)がどれほどあるかをみる

交流性
Relationship

他人との交流の積極性をみる

幸福性
Happiness

世界と自分の人生に対する基本的前向き度をみる

表出性
Expression

自分の感情を素直に表にだして、なごやかな人間関係を作ることができるかどうかをみる

共感性
Sympathy

相手の感情にどれだけ寄り添え、共感できるかをみる

尊重性
Respect

他人と自分の違いがどれくらい気になるかをみる
12の構成要素

融和性
Harmony

自分の生活や考え方をかえることにストレスを感じるかどうかを見る

開示性
Disclose

自分の内面を表に出すことにストレスを感じるかどうかを見る

創造性
Creativity

いろいろな判断の根拠が自分の心の中にあり、自分でストレスなしに決断できるかどうかを見る

自立性
Freedom

一人で生きていくことを好むか、家族や友人と心をつないで生きていくことを好むかを見る

感受性
Feeling

いろいろな経験をしたときに、心が動いて強い印象を残すかどうかを見る

■ CQは幅広い分野に活用できます

CQは、個人の本来もつコミュニケーション能力(スペック)を測る心理テストですので、多くの分野に活用でき、用途に合わせ、さまざまな形にアレンジが可能となります。

ご要望がございましたらお気軽にお問い合わせください。

 TOPへ


HOME
CQ
HCST
JCST
SCST
料金表

Copyright (C) 2009 株式会社MJ Navi CSTグループ All Rights Reserved.